ことわざ/赤子の手をひねる(あかごのてをひねる)とは?

「赤子の手をひねる」意味と読み方

【表記】赤子の手をひねる
【読み】あかごのてをひねる
【ローマ字】AKAGONOTEWOHINERU

【意味】
容易にできること。また、力量が劣る者をたやすく打ち負かすこと。

説明

赤ちゃんの手をひねるくらい簡単にできるということで、力の差が非常に大きい場合に用いられる。また、力の強さや能力の高さがきわめて大きいという意味を含んだ場合に使われる。相手をたやすく打ち負かしたり、物事を容易に行えることのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「赤子」とは、赤ん坊・赤ちゃんのこと。

【出典元】-
【語源・由来】-

「赤子の手をひねる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

赤子の手をねじる(あかごのてをねじる)

【類義語】

赤子の腕をねじる

【対義語】

【注意】
「赤子をひねる」というのは誤り。

「赤子の手をひねる」の例文

【日本語】「彼にとっては、赤子の手をひねるより簡単な仕事だ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました