分類

ことわざ故事成語100選

ことわざ故事成語を100個まとめました。(※故事成語:古い物語や言い伝えなどによるもので、最も知られている日本のことわざの故事成語は、紀元前より書かれた中国の古い書物から抜粋されたもの。今日でも日常的に使われるほか、歴史的にも重要な資料の一...
分類

動物と鳥のことわざ100選

動物と鳥のことわざ100選をまとめました。 イタチ 1.鼬の最後っ屁(いたちのさいごっぺ) 【意味】せっぱつまって非常手段を使って打開しようとする時のたとえ。 2.鼬の道切り(いたちのみちきり) 【意味】鼬は同じ道を二度と通らない...

ことわざ/一石二鳥(いっせきにちょう)とは?

"「一石二鳥」意味と読み方 【表記】一石二鳥 【読み】いっせきにちょう 【ローマ字】ISSEKINITYOU 【意味】 一個の石を投げて、二羽の鳥を落とすという意味から。 説明 一つの作業で二つの利益を得るというこ...
スポンサーリンク
分類

有名なことわざ100選

有名なことわざを100個、有名順に並べました。 1~20 1.七転び八起き(ななころびやおき) 【意味】何度失敗してもめげず、奮起して頑張ること。 2.三つ子の魂百まで(みつごのたましいひゃくまで) 【意味】幼い時の性格は、年をと...

ことわざ/論より証拠(ろんよりしょうこ)とは?

「論より証拠」意味と読み方 【表記】論より証拠 【読み】ろんよりしょうこ 【ローマ字】― 【意味】 物事を明らかにするには、あれこれ論じるよりも証拠を出すほうが早いという意味。 説明 相手がぐうの音も出ないような証...

ことわざ/三つ子の魂百まで(みつごのたましいひゃくまで)とは?

「三つ子の魂百まで」意味と読み方 【表記】三つ子の魂百まで 【読み】みつごのたましいひゃくまで 【ローマ字】― 【意味】 幼い時の性格は、年をとっても変わらないということ。 説明 子供の頃の性格は年取っても変わらな...

ことわざ/火中の栗を拾う(かちゅうのくりをひろう)とは?

「火中の栗を拾う」意味と読み方 【表記】火中の栗を拾う 【読み】かちゅうのくりをひろう 【ローマ字】― 【意味】 自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すこと。 説明 十七世紀のフランスの詩人ラ・フォンテー...

ことわざ/昔取った杵柄(むかしとったきねづか)とは?

「昔取った杵柄」意味と読み方 【表記】昔取った杵柄 【読み】むかしとったきねづか 【ローマ字】― 【意味】 若い頃に習得した技量や腕前のこと。また、年月を経てもそれが衰えず十分に発揮できること。 説明 かつてしっか...

ことわざ/身から出た錆(みからでたさび)とは?

「身から出た錆」意味と読み方 【表記】身から出た錆 【読み】みからでたさび 【ローマ字】身から出した錆(みからだしたさび) 【意味】 自分自身で犯した悪行の結果として自分が苦しむこと。 説明 自分がした言動によって...

ことわざ/仏の顔も三度まで(ほとけのかおもさんどまで)とは?

「仏の顔も三度まで」意味と読み方 【表記】仏の顔も三度まで 【読み】ほとけのかおもさんどまで 【ローマ字】地蔵の顔も三度(じぞうのかおもさんど)/仏の顔も三度撫ずれば腹立つ(ほとけのかおもさんどなずればはらたつ) 【意味】 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました