ことわざ/徒花に実は生らぬ(あだばなにみはならぬ)とは?

「徒花に実は生らぬ」意味と読み方

【表記】徒花に実は生らぬ
【読み】あだばなにみはならぬ
【ローマ字】ADABANANIMIHANARANU

【意味】
どんなに見かけがよくても、実質が伴わなくてはよい成果を上げることはできないということ。もしくは、美しくても中身が伴わない女性のこと。

説明

いくらどんなに見かけが良くても、内容が伴わず着実に行われない計画は、よい成果が得られないという事。「徒花」とは、咲いても実を結ばずに散る花という意味で、いくら美しい花を咲かせようとも、実を結ばない徒花では仕方がないという事から。「徒花(あだばな)」は、見た目は華やかだけど、実がならずに散ってしまう役に立たない花を指す。代表的な種類では、桜、彼岸花などになる。

詳細

注釈、由来

【注釈】「徒花」とは、咲いても実がならずに散る花という意味。

【出典元】-
【語源・由来】いくら美しい花を咲かせても、実を結ばない徒花では仕方がないという事から。

「徒花に実は生らぬ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「徒花に実は生らぬ」の例文

【日本語】「徒花に実は生らぬだ、もっと内容を煮詰めてから開始するべきだ」
【英語】
Vainglory blossoms,but never bears fruit.

タイトルとURLをコピーしました