ことわざ/朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり(あしたにみちをきかば、ゆうべにしすともかなり)とは?

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」意味と読み方

【表記】朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり
【読み】あしたにみちをきかば、ゆうべにしすともかなり
【ローマ字】ASHITANIMICHIWOKIKABA,YUUBENISHISUTOMOKANARI

【意味】
「今すぐその意味が分かるなら、自分は死んでもかまわない。」という、後世のために知識を残せという教えから、学問の重要性を伝える言葉。

説明

学問や知識の重要性を説いた教え。生死を気にするより真理を学び、後世に伝える大切さのことを言い、孔子が死期を悟った時に言った言葉だと言われている。「道」とは、物事の道理、人の在り方を意味する。

詳細

注釈、由来

【注釈】「あした」は元々「朝(あさ)」を意味した言葉。「朝」と書いて「あした」と読む。「聞かば」は、現代語の仮定法。「聞けば」とも。

【出典元】『論語・里仁』
【語源・由来】『論語・里仁』にある孔子のことばで、人としての道を追求することの大切さをあらわす。

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

酔生夢死

【注意】

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」の例文

【日本語】「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なりだが、自分の正しい生き方についての答えは、簡単には出ないだろう」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました