ことわざ/秋高く馬肥ゆ(あきたかくうまこゆ)とは?

「秋高く馬肥ゆ」意味と読み方

【表記】秋高く馬肥ゆ
【読み】あきたかくうまこゆ
【ローマ字】AKITAKAKUUMAKOYU

【意味】
収穫の秋の素晴らしさを伝える句。

説明

秋は空気も澄んでいて、空も高く感じられ、馬も肥えるような収穫の季節でもある。秋の季節の素晴らしさをいう句で、多く手紙などで時節の挨拶として用いられるが、昔は警戒の言葉として使われていた。昔の中国では、北方の騎馬民族(現在のモンゴル)の匈奴(きょうど)が収穫の秋になると大挙して略奪にやってきたので、前漢の趙充国は、「馬が肥ゆる秋には必ず事変が起きる、今年もその季節がやってきた」という言葉を残している。

詳細

注釈、由来

【注釈】「秋高く馬肥ゆ」は、収穫の秋の素晴らしさをいう句。その昔は、収穫する作物を強奪にくる山賊(匈奴)のことをいう。

【出典元】杜審言・詩「蘇味道に贈る」
【語源・由来】杜審言の詩『蘇味道に贈る』に「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」とある。

「秋高く馬肥ゆ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

秋高馬肥/天高馬肥/天高く馬肥ゆる秋/天高くして気清し

【対義語】

【注意】

「秋高く馬肥ゆ」の例文

【日本語】「秋高く馬肥ゆとはいうが、今の時期が一番すがすがしいね」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました