ことわざ/いずれ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)とは?

「いずれ菖蒲か杜若」意味と読み方

【表記】いずれ菖蒲か杜若
【読み】いずれあやめかかきつばた
【ローマ字】IZUREAYAMEKAKAKITSUBATA

【意味】
どちらもすぐれていて優劣をつけにくく、選択に迷うたとえ。菖蒲も杜若もよく似た美しい花で区別がむずかしいことから。

説明

どちらもすぐれていて優劣をつけがたく、選択に迷うことのたとえ。「菖蒲(しょうぶ)」も「杜若(かきつばた)」もよく似た美しい花で、区別するのが困難なことから。源頼政が怪しい鳥を退治した褒美として、菖蒲前という美女を賜るときに十二人の美女の中から選び出すように言われて詠んだ歌。菖蒲も杜若もよく似た美しい花で、区別するのが困難なことから。「太平記」『さみだれに 沢辺のまこも水こゑて 何れあやめと引きぞわづらふ』とある。

詳細

注釈、由来

【注釈】「菖蒲(あやめ)」も「杜若(かきつばた)」もよく似た美しい花である。「いずれ」は、「どれが」の古語。

【出典元】「太平記」
【語源・由来】『太平記・二一』に「五月雨に沢辺の真薦水越えていづれ菖蒲と引きぞ煩ふ(五月雨が降り続いて沢辺の水かさが増したため、真薦も水中に隠れてどれが菖蒲かわからず、引き抜くのをためらっている)」とある。

「いずれ菖蒲か杜若」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

いずれ菖蒲(いずれあやめ)/いずれが菖蒲か杜若(いずれがあやめかかきつばた)

【類義語】

兄たり難く弟たり難し/双璧/伯仲の間

【対義語】

【注意】

「いずれ菖蒲か杜若」の例文

【日本語】「いずれ菖蒲か杜若で、美女揃いの職場ですね」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました