ことわざ/浅い川も深く渡れ(あさいかわもふかくわたれ)とは?

「浅い川も深く渡れ」意味と読み方

【表記】浅い川も深く渡れ
【読み】あさいかわもふかくわたれ
【ローマ字】ASAIKAWAMOFUKAKUWATARE

【意味】
簡単そうに見えることでも決して油断せず慎重にせよという戒め。

説明

浅浅い川を渡る時も、深い川を渡る時のように注意して渡れという意味。浅い川も深い川と同じように、用心して渡れということから、戒めの意味を込めたことば。浅く見える川にも危険が潜んでいるかもしれないし、見かけ以上に深いかもしれない。たいしたものではないと軽く見て、油断するのは禁物であるということ。物事を行う時は、注意を怠らず決して油断してはいけないということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「深く渡れ」は、深い川を渡るときのように注意しろという意味。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「浅い川も深く渡れ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

念には念を入れよ/用心には網を張れ/石橋に鉄の杖/深く取って浅く渡る/石橋を叩いて渡る/用心は深くして川は浅く渡れ/用心は臆病にせよ

【対義語】

【注意】

「浅い川も深く渡れ」の例文

【日本語】「浅い川も深く渡れと言うし、簡単にできると決めつけないで、注意深く進めていくべきだ」
【英語】
Hear twice before you speak once./Cross a shallow river as if it were deep.

タイトルとURLをコピーしました