ことわざ/薄氷を履むが如し(はくひょうをふむがごとし)とは?

「薄氷を履むが如し」意味と読み方

【表記】薄氷を履むが如し
【読み】はくひょうをふむがごとし
【ローマ字】HAKUHYOUWOFUMUGAGOTOSHI

【意味】
非常に危険な状態のたとえ。

説明

いつ割れてもおかしくないような、薄くはった氷の上を歩くように、非常に危険な状態に臨むこと。『詩経・小雅』に「戦戦兢兢として深淵に臨むが如く、薄氷を履むが如し(恐る恐る慎重に進み、まるで深い崖を覗くようであり、薄い氷の上を歩くかのようだ。)」とある。「薄氷を履む」とも。

詳細

注釈、由来

【注釈】「薄氷」は池や湖にはった薄い氷のこと。 「薄氷を履む」とも。

【出典元】「詩経」
【語源・由来】「詩経・小雅」に「戦戦兢兢として深淵に臨むが如く、薄氷を履むが如し」とあるのに基づく。

「薄氷を履むが如し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

虎の尾を踏む/氷に座す/氷に坐す/氷を履む/危うきこと累卵の如し/重卵より危うし/氷を歩む/蜘蛛の巣で石を吊る/危うきこと虎の尾を踏むが如し/深淵に臨んで薄氷を履むが如し/累卵の危うき/竜の頷の珠を取る/虎の口へ手を入れる/累卵より危うし/竜の鬚を撫で虎の尾を踏む

【対義語】

【注意】
危険な冒険をするの意で使うのは誤り。 誤用例 「薄氷を履むが如く、世界一高いバンジージャンプに挑戦したい」

「薄氷を履むが如し」の例文

【日本語】「あの日はまさに薄氷を履むが如しで、あと数分到着が遅れていたら自分の命はなかったかもしれない」
【英語】
Walk on eggs.

タイトルとURLをコピーしました