ことわざ/腹が減っては戦ができぬ(はらがへってはいくさができぬ)とは?

「腹が減っては戦ができぬ」意味と読み方

【表記】腹が減っては戦ができぬ
【読み】はらがへってはいくさができぬ
【ローマ字】HARAGAHETTEHAIKUSAGADEKINU

【意味】
空腹ではよい働きはできない。何事にも十分な準備が必要であるということ。

説明

空腹状態では戦争などできないということで、何事においてもまず腹ごしらえをしてからというたとえ。戦国時代では、飢えほど兵士にとって辛いことはなかった。現代ではそのまま名残りとして残っている。

詳細

注釈、由来

【注釈】空腹は戦において死活問題だった。 「戦」は「軍」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】-

「腹が減っては戦ができぬ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「腹が減っては戦ができぬ」の例文

【日本語】「この仕事は長丁場になるから、とりあえず腹ごしらえをしよう。腹が減っては戦が出来ぬと言うじゃないか」
【英語】
The mill stands that wants water./An army marches on its stomach./The stomach carries the feet./The stomach carries the feet.The mill stands that wants water

タイトルとURLをコピーしました