ことわざ/水と油(みずとあぶら)とは?

「水と油」意味と読み方

【表記】水と油
【読み】みずとあぶら
【ローマ字】MIZUTOABURA

【意味】
油と水が溶け合わないように、異質なため、しっくりと調和しないこと。

説明

水と油は質が違い、決して混じり合わないことから、しっくりこないことをいう。水と油が混じり合わないように、二つのものが調和しないこと。互いに性質が合わないこと。

詳細

注釈、由来

【注釈】「水」と「油」は混ざらないことから。

【出典元】-
【語源・由来】水と油が混じり合わないことから。

「水と油」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

水に油(みずのあぶら)

【類義語】

氷炭相容れず/薫蕕器を同じゅうせず/油に水/水と油/油に水のまじる如し

【対義語】

【注意】
「差が激しい」という意味で使うのは誤り。 誤用例 「同じ会社でありながら、対応の差が支部によって水と油のように違う」

「水と油」の例文

【日本語】「あの兄弟は性格が水と油だから、いつも仲が悪い」
【英語】
To mix water with fire./They are like oil and water.

タイトルとURLをコピーしました