ことわざ/柳に風(やなぎにかぜ)とは?

「柳に風」意味と読み方

【表記】柳に風
【読み】やなぎにかぜ
【ローマ字】YANAGINIKAZE

【意味】
柳が風になびくように、相手に逆らわず、やんわりとあしらうこと。

説明

枝垂れ柳の細長い葉が、風の吹くままにそよぐ様子から。柳が風になびくように、逆らわずに穏やかにあしらうこと。柳が風になびくように、逆らわなければ災いを受けないということ。相手に逆らわず、さらりと受け流してあしらうことのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】ことわざの「柳」とは、シダレヤナギのこと。水分が多い土壌を好み、湖畔や川辺に根を下ろし、枝や葉が柔らかく、垂れ下がっているのが特徴の樹木。日本では奈良時代のころから愛されて歌にされ、江戸時代には「シダレ柳(冠菊)」の花火も生まれた。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「柳に風」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

風に柳(かぜにやなぎ)

【類義語】

馬の耳に風/堅い木は折れる/馬耳東風/柳に風と受け流す/楊柳の風に吹かるる如し/柳風にしなう/柳に受ける/柳に雪折れなし/柳に風折れなし/柳で暮らせ/風に柳/歯亡び舌存す/楊柳の風に吹かるるが如し

【対義語】

【注意】
「馬耳東風」と混同し、人の意見を心に留めず聞き流すことの意味で使うのは誤り。 誤用例 「あの政治家は力も人徳もあるのに、女性スキャンダルで身を滅ぼしかねないね。周りが何を言っても柳に風だよ」 「暖簾に腕押し」と混同し、少しの手応えもない意味で使うのは誤り。 誤用例 「何度も彼にアピールしてみたが、柳に風でまったく興味がなさそうだ」

「柳に風」の例文

【日本語】「そんなときは言いたい気持ちを抑えて、柳に風と受け流すのが一番の得策だよ」
【英語】
No reply is best.

タイトルとURLをコピーしました