ことわざ/開いた口が塞がらない(あいたくちがふさがらない)とは?

スポンサーリンク

「開いた口が塞がらない」意味と読み方

【表記】開いた口が塞がらない
【読み】あいたくちがふさがらない
【ローマ字】AITAKUCHIGAFUSAGARANAI

【意味】
相手の言ったこと、したことに、あきれかえってものも言えないようす。
スポンサーリンク

説明

驚いて口が開いたまま状態のことをいう。何かしらの出来事で驚くと、目を大きく開き、ついでに口も開いてしまうことから、そう言われている。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】あまりにも呆れると、ぽかんと口を開いた状態になることから。

【出典元】-
【語源・由来】-

「開いた口が塞がらない」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

呆れが礼に来る

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「開いた口が塞がらない」の例文

【日本語】「何度も同じことをくり返す君には、開いた口が塞がらないよ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました