ことわざ/悪女の深情け(あくじょのふかなさけ)とは?

スポンサーリンク

「悪女の深情け」意味と読み方

【表記】悪女の深情け
【読み】あくじょのふかなさけ
【ローマ字】AKUJONOFUKANASAKE

【意味】
器量の悪い女性ほど、情が深いという意味。また、ありがた迷惑な行為のたとえ。
スポンサーリンク

説明

顔かたちの美しくない女性は、とかく愛情深いが、そのぶん嫉妬心も強くなる。それが男性にとってはありがた迷惑であるというときに用いる。器量の悪い女性ほど愛情や嫉妬心が強いということ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「悪女」は心の悪い女の意ではなく不器量な女のこと。

【出典元】-
【語源・由来】悪女というような不器用な女性ほど、嫉妬が激しかったり、容姿の醜い女性ほど愛情や嫉妬が深いということが由来。それが男性にとってはありがた迷惑であるというときに用いる。

「悪女の深情け」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

醜め女の深情け/悪女の真情

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「悪女の深情け」の例文

【日本語】「私にはもったいない程、若くて美男子の彼を射止めることができたから、悪女の深情けにならないよう気をつけなければ」
【英語】
The plainer the woman, the fiercer the love.

タイトルとURLをコピーしました