ことわざ/青は藍より出でて藍より青し(あおはあいよりいでてあいよりあおし)とは?

「青は藍より出でて藍より青し」意味と読み方

【表記】青は藍より出でて藍より青し
【読み】あおはあいよりいでてあいよりあおし
【ローマ字】AOHAAIYORIIDETEAIYORIAOSHI

【意味】
教えを受けた弟子が師匠よりも優れていること。

説明

「藍」とは、染料に使う藍草のことで、藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色となる。その関係を弟子と師匠にあてはめて、弟子が師匠の学識や技術を越えるという意のことわざ。荀子の言葉で、学問や努力により持って生まれた資質を越えることができるということ。弟子が師よりまさってしまうことのたとえ。青色の染料は藍から採るが、その青色がもとの藍よりも青く美しいという意から。青色紺色の染料は、植物の藍を原料としていたが、その染料で染めたものは、藍よりも青い、の意。青色の染料は藍という草からとるが、その青さは、藍よりもずっと濃く、鮮やかであるということから。

詳細

注釈、由来

【注釈】「藍」とは、染料に使う藍草のことで、藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色となる。その関係を弟子と師匠にあてはめて、弟子が師匠の学識や技術を越えるという意のことわざ。

【出典元】「荀子」
【語源・由来】「青は藍より出でて、藍より青し。氷は水これをなして、水より寒し」『荀子』より。荀子は中国の戦国時代末の思想家・儒学者。学問や努力により持って生まれた資質を越えることができるということ。

「青は藍より出でて藍より青し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

出藍のほまれ/出藍の誉れ/氷は水より出でて水よりも寒し/氷は水よりいでて水より寒し/氷は水より出でて水より寒し

【対義語】

【注意】

「青は藍より出でて藍より青し」の例文

【日本語】「青は藍より出でて藍より青しと言うが、師匠より数段高い技術を修得するとは、たいしたものだ」
【英語】
The scholar may waur the master.

タイトルとURLをコピーしました