ことわざ/明日の百より今日の五十(あすのひゃくよりきょうのごじゅう)とは?

「明日の百より今日の五十」意味と読み方

【表記】明日の百より今日の五十
【読み】あすのひゃくよりきょうのごじゅう
【ローマ字】ASUNOHYAKUYORIKYOUNOGOJUU

【意味】
僅かでも確実に今日手に入るものの方がよいという意味。

説明

未来などどうなるか分からないため、わずかでも現実に得られるもののほうが良いと言う事から。未来の大きな話に乗るよりも、わずかでも今日確実に手に入るほうを受け取るのが賢明であるという事。

詳細

注釈、由来

【注釈】「百」と「五十」はお金の金額こと。とりあえず、すぐ返金してもらう方が確実という意味。

【出典元】-
【語源・由来】明日もらえると約束した百両よりも、今すぐもらえる五十両を受け取るほうが、確実で良いという事から。

「明日の百より今日の五十」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

後の千金/聞いた百文より見た一文/先の雁より手前の雀/明日の親鳥より今日の卵/末の百両より今の五十両/聞いた百より見た一つ/先の千両より今の十両/来年の百両より今年の一両/後の千金より今の百文/死しての千年より生きての一日/後の百より今五十/末始終より今の三十/今日の一つは明日の十に勝る/後百より今五十

【対義語】

【注意】

「明日の百より今日の五十」の例文

【日本語】「明日の百より今日の五十で、希望的観測に期待するよりも、確実に得られる仕事を請けたほうがよいだろう」
【英語】
A bird in the hand is worth two in the bush./Better an egg today than a hen tomorrow./One penny is better on land than ten on the sea.

タイトルとURLをコピーしました