ことわざ/宝の持ち腐れ(たからのもちぐされ)とは?

「宝の持ち腐れ」意味と読み方

【表記】宝の持ち腐れ
【読み】たからのもちぐされ
【ローマ字】TAKARANOMOCHIGUSARE

【意味】
役に立つ物を持っていながら、利用しないこと。

説明

価値のあるものを所有していながら、使い道を知らなかったり、出し惜しみをして、少しも役立てずに腐らせてしまう意味から。役に立つ物を持ちながら、利用しないたとえ。また、優れた才能や手腕がありながら、それを活用しないたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「宝」は価値のあるもののこと。「持ち腐れ」はそれを所有していても、上手く使えこなせずに価値を失ってしまうこと。

【出典元】-
【語源・由来】宝(価値のあるもの)を持っているのに、使い方が分からなかったり、出し惜しみをした所為で、せっかくのものを何の役にも立たないまま腐らせてしまった事から。

「宝の持ち腐れ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「宝の持ち腐れ」の例文

【日本語】「せっかくそんな能力を持っていながらチャレンジしないだなんて、宝の持ち腐れじゃないか」
【英語】
Not possession, but use, is the only riches./Not possession but use is the only riches./Better spent than spared./pearls thrown before swine./unused possession; useless possession./waste of talent.

タイトルとURLをコピーしました