ことわざ/合縁奇縁(あいえんきえん)とは?

「合縁奇縁」意味と読み方

【表記】合縁奇縁
【読み】あいえんきえん
【ローマ字】AIENNKIENN

【意味】
人との出会いは、不思議な関係によって繋がっているという意味。

説明

他人と気が合うかどうかは、不思議な縁によって成り立つということ。英語では「縁」という言葉が分かりづらいため、「fate=運命」と訳するのも一つの方法。

詳細

注釈、由来

【注釈】「合縁」は気心の合う縁、「奇縁」は奇しき縁(不思議な巡り合わせ)という意味。

【出典元】-
【語源・由来】仏教用語の「愛縁(男女の出会い)」と「機縁(何かがきっかけで成り立つこと)」が転じて生まれた言葉。

「合縁奇縁」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

相縁奇縁(あいえんきえん)/合縁機縁(あいえんきえん)/愛縁奇縁(あいえんきえん)/愛縁機縁(あいえんきえん)

【類義語】

偕老同穴の語らいも縁次第/合愛奇愛/縁は異なもの味なもの/縁は味なもの/蓼食う虫も好き好き/合性機縁/何事も縁/虫が好く

【対義語】

恋愛/愛情/男女

【注意】

「合縁奇縁」の例文

【日本語】「合縁奇縁というべきか、義理の兄弟とはとても気が合う」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました