ことわざ/臍で茶を沸かす(へそでちゃをわかす)とは?

スポンサーリンク

「臍で茶を沸かす」意味と読み方

【表記】臍で茶を沸かす
【読み】へそでちゃをわかす
【ローマ字】HESODECHAWOWAKASU

【意味】
おかしくてたまらないこと。非常に滑稽であること。
スポンサーリンク

説明

おかしくて仕方ないこと。また、ばかばかしくて笑わずにはいられないことのたとえ。大笑いして腹が捩よじれる様子が、湯が沸き上がるのに似ていることから。あざけりの意味で使うことが多い。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】大笑いして腹が捩よじれる様子が、「臍(ヘソ)」で湯が沸き上がるのに似ていることから。

【出典元】-
【語源・由来】-

「臍で茶を沸かす」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

臍が茶を沸かす(へそがちゃをわかす)/臍茶(へそちゃ)

【類義語】

臍が茶をひく/腹の皮が捩れる/臍が西国する/臍が笑う/笑止千万/臍で茶を沸かす/踵が茶沸かす/臍が茶を挽く/臍が縒れる/臍が宿替えする/臍がくねる/失笑噴飯

【対義語】

【注意】
「臍で湯を沸かす」は誤り。
スポンサーリンク

「臍で茶を沸かす」の例文

【日本語】「その決意を聞くのはこれで三度目だよ。ちゃんちゃらおかしくて臍で茶を沸かしそうだ」
【英語】
It would make a horse laugh.

タイトルとURLをコピーしました