ことわざ/必要は発明の母(ひつようははつめいのはは)とは?

スポンサーリンク

「必要は発明の母」意味と読み方

【表記】必要は発明の母
【読み】ひつようははつめいのはは
【ローマ字】HITSUYOUHAHATSUMEINOHAHA

【意味】
発明は必要に迫られるからこそ生まれるということ。
スポンサーリンク

説明

何かを発明するには、何かを「必要」とする気持ちや考えによって生まれるもの。発明家であれば、「必要」そのものが母親のようなものであるという意味。英語の「Necessity is the mother of invention.」が伝わって、日本では「必要は発明の母」として使われている。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】英語のことわざ「Necessity is the mother of invention.」の訳。

【出典元】『ガリバー旅行記』
【語源・由来】『ガリバー旅行記(1726)』に「Necessity is the mother of invention」とある。

「必要は発明の母」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

窮すれば通ず

【対義語】

【注意】
「必要」と「発明」を逆にするのは誤り。 誤用例 「発明は必要の母というからね」
スポンサーリンク

「必要は発明の母」の例文

【日本語】「必要は発明の母というが、主婦が日常生活で不便だと思うことを解消する商品が、ヒット商品になっているらしい」
【英語】
Necessity is the mother of invention.

タイトルとURLをコピーしました