ことわざ/火に油を注ぐ(ひにあぶらをそそぐ)とは?

スポンサーリンク

「火に油を注ぐ」意味と読み方

【表記】火に油を注ぐ
【読み】ひにあぶらをそそぐ
【ローマ字】HINIABURAWOSOSOGU

【意味】
酷い状況になっている状態を、さらに酷くしてしまう。もしくは怒っている人を、更に怒らせてしまう。
スポンサーリンク

説明

すでに大変なことになっているのに、なんとかしようとした結果、さらに悪化して、もっと大変なことになってしまったたとえ。小さな火事を消そうと思って、間違って油をかけたら、もっと酷いことになってしまった。怒っている人をなだめようとして、余計な一言を言ってしまったが故に、さらに怒らせてしまった時などに使う。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】勢いよく燃えている火に油を注ぐと、ますます火勢が強くなることから。

【出典元】-
【語源・由来】燃えている火に油を注ぐと、さらに燃えることが由来。

「火に油を注ぐ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

油を注ぐ(あぶらをそそぐ)/燃える火に油を注ぐ(もえるひにあぶらをそそぐ)/火上油を加う(かじょうあぶらをくわう)

【類義語】

薪に油をそえる/火事場へ硝煙/油をもって火を救う/駆け馬に鞭/吠える犬に嗾ける/油を掛ける/油を以て火を救う/薪に油を添える/吠える犬にけしかける/走り馬にも鞭/燃える火に薪を添う/飛脚に三里の灸/帆掛け船に櫓を押す

【対義語】

【注意】
よい結果や、盛り上がることに使うのは誤り。 誤用例 「一丸となって猛練習していた部員たちの火に油が注ぎ、すさまじい集中力を発揮した」 「油紙に火がついたよう」と混同して、ぺらぺらとよくしゃべるさまの意味で使うのは誤り。 誤用例 「調子に乗った彼女は、火に油を注ぐように、ますますぺらぺらとしゃべりまくった」
スポンサーリンク

「火に油を注ぐ」の例文

【日本語】「ただでさえこじれている夫婦関係に君が口出しをしたら、火に油を注ぐ結果になるだけだよ」/「まさに火に油を注ぐだね。」
【英語】
add oil to the fire./Bring oil to the fire.

タイトルとURLをコピーしました