ことわざ/一事が万事(いちじがばんじ)とは?

「一事が万事」意味と読み方

【表記】一事が万事
【読み】いちじがばんじ
【ローマ字】ICHIJIGABANNJI

【意味】
わずか一つの物事から、他のすべてのことを推察できるという意味。

説明

物事は、些細なことから万事が同じ調子だと見られやすいものであり、多くあまり良くない一面を見て他の場合も悪いはずだと推測する場合に使われる。一つの事を見るだけで他のすべての事を推察できるということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】物事は、些細なことから万事が同じ調子だと見られやすいものであり、多くあまり良くない一面を見て他の場合も悪いはずだと推測する場合に使われる。

【出典元】『蘇我五人男』
【語源・由来】-

「一事が万事」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

一を聞いて十を知る/一を以て万を知る/一斑を見て全豹を卜す/一事を以て万端を知る/一滴舌上に通じて、大海の塩味を知る/一事成れば万事成る/一行失すれば百行共に傾く

【対義語】

【注意】
「全般にわたる」という意味で使うのは誤り。誤用例 「先生は本当に博識で、一事が万事、日本史だけでなく海外の歴史にも詳しい」

「一事が万事」の例文

【日本語】「彼女は一事が万事あの調子で、約束の時間を守ったことなど一度もない」
【英語】
False with one can be false with two.

タイトルとURLをコピーしました