ことわざ/犬の遠吠え(いぬのとおぼえ)とは?

「犬の遠吠え」意味と読み方

【表記】犬の遠吠え
【読み】いぬのとおぼえ
【ローマ字】INUNOTOOBOE

【意味】
臆病者が陰で他人の悪口や批判を言うこと。

説明

弱い犬が相手から遠く離れたところで、尻込みしながら吠え立てることから。主に、勝ち目のない相手を陰でののしることのたとえとして使われる。弱い者や臆病な者が、陰で虚勢を張り陰口をたたくことのたとえ。弱い犬は、強い相手に対しては遠くから吠え立てることから。

詳細

注釈、由来

【注釈】「遠吠え」とは、犬などの動物が遠くで声を長く引いて吠えること。

【出典元】-
【語源・由来】-

「犬の遠吠え」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

犬の長吠え/負け犬の遠吠え

【対義語】

【注意】
「効果が弱い」という意味で使うのは誤り。誤用例 「その程度の強さじゃチャンピオンには勝てないだろう。犬の遠吠え程度だ」

「犬の遠吠え」の例文

【日本語】「彼らが言っていることなんて放っておけばいい。あれは犬の遠吠えと同じだよ」
【英語】
A waking dog afar off barks at a sleeping lion./A barking dog seldom bites.

タイトルとURLをコピーしました