ことわざ/入るを量りて出ずるを為す(いるをはかりていずるをなす)とは?

「入るを量りて出ずるを為す」意味と読み方

【表記】入るを量りて出ずるを為す
【読み】いるをはかりていずるをなす
【ローマ字】IRUWOHAKARITEIZURUWONASU

【意味】
収入を計算して、それによって支出を計画すること。

説明

「入るを量りて出ずるを制す」ともいう。収入の額を計算し、それに見合った支出をするということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】収支計算のことわざ。

【出典元】「礼記」王制
【語源・由来】-

「入るを量りて出ずるを為す」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

入るを量りて出ずるを制す(いるをはかりていずるをせいす)

【類義語】

入るを量りて出ずるを制す/取り勘定より遣い勘定/布に応じて衣を裁て

【対義語】

【注意】

「入るを量りて出ずるを為す」の例文

【日本語】「入るを量りて出ずるを為す事ができていないから、いつまで経っても貯金がたまらない」
【英語】
One ought to make the expense according to the income./Spend as you get.

タイトルとURLをコピーしました