ことわざ/酒は憂いの玉箒(さけはうれいのたまははき)とは?

スポンサーリンク

「酒は憂いの玉箒」意味と読み方

【表記】酒は憂いの玉箒
【読み】さけはうれいのたまははき
【ローマ字】SAKEHAUREINOTAMAHAHAKI

【意味】
酒は心配事や悩み事を取り除いてくれるすばらしいほうきのようなものだ。
スポンサーリンク

説明

「玉箒」の「玉」は、美称の接頭語。「箒」はほうきのこと。酒は心配事や悩みなどを掃い去ってくれる美しいほうきのようなものだという意味から。酒は心の憂いをきれいに払ってくれるすばらしいほうきのようなものであると酒を賞賛した言葉。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「玉箒」の「玉」は、宝石や飾り物の意味をもち、美称の接頭語として使われる。「箒」はほうきのこと。 「憂い」は「愁い」とも書く。

【出典元】蘇軾・詩「洞庭春色」
【語源・由来】蘇軾の詩『洞庭春色』にある「応に呼ぶべし詩を釣る鉤(釣り針)と、亦号す憂いを掃う箒と」とあるのに基づく。

「酒は憂いの玉箒」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

酒は憂いを掃う玉箒(さけはうれいをはらうたまはき)

【類義語】

酒は憂いの玉箒/忘憂の物/酒は百薬の長/酒は天の美禄

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「酒は憂いの玉箒」の例文

【日本語】「酒は憂いの玉箒というもので、毎日飲まなければやっていられない」
【英語】
Wine is panacea of all ill./Wine is the panacea of all ills.

タイトルとURLをコピーしました