ことわざ/巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず)とは?

「巧遅は拙速に如かず」意味と読み方

【表記】巧遅は拙速に如かず
【読み】こうちはせっそくにしかず
【ローマ字】KOUCHIHASESSOKUNISHIKAZU

【意味】
仕事の出来がよくて遅いよりも、たとえ出来は悪くとも速くできるほうがよいという意味。

説明

ぐずぐずしているより、上手くいかなかったとしても、迅速に物事を進めるべきだということ。兵法家の孫子が、戦争は戦術がよくないものであったとしても、迅速に行動し早く終結させるのがよいと説いたことばから。仕事の出来がよくて遅いよりは、下手でも速いほうがいいということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「巧遅」とは、出来はよいが仕上がりまでが遅いという意味。「拙速」とは、出来はよくないが仕事が早いという意味。

【出典元】「孫子」
【語源・由来】『孫子・作戦』に「兵は拙速を聞くも、未だ巧の久しきを賭ざるなり(部隊を動かすのは、戦術がよくなくても迅速であるほうがよい。巧妙な戦術で長い間戦い続けているのを見たことがない)」とある。

「巧遅は拙速に如かず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

拙速を貴ぶ

【対義語】

急がば回れ

【注意】
出来が悪いのを正当化するために使うのは誤り。誤用例 「巧遅は拙速に如かずと言うし、多少の誤字脱字があったって構わないだろう」

「巧遅は拙速に如かず」の例文

【日本語】「巧遅は拙速に如かずだ、細かく煮詰める必要はないから、急いでやってくれ」
【英語】
It’s better to be brisk and slapdash than painstaking but slow.

タイトルとURLをコピーしました