ことわざ/恋は思案の外(こいはしあんのほか)とは?

スポンサーリンク

「恋は思案の外」意味と読み方

【表記】恋は思案の外
【読み】こいはしあんのほか
【ローマ字】KOIHASHIANNNOHOKA

【意味】
恋は理性を失わせるから、そのなりゆきは、常識や理屈でははかりしれないということ。
スポンサーリンク

説明

恋は理性を失わせるもので、常識や理屈でははかれないということ。「思案の外」とは、思慮分別とは別のものという意味であり、非常識や無分別な言動をさす。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「恋」とは恋愛のこと。「思案」とは思いを巡らすという意味で総じて理性や常識などの意味がある。

【出典元】-
【語源・由来】-

「恋は思案の外」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

色は思案の外(いろはしあんのそと)/恋は分別の外(こいはぶんべつのそと)

【類義語】

色は分別の外/色は心の外/恋の闇/恋は人の外/恋の山には孔子の倒れ/恋は盲目 /孔子も倒るる恋の山/恋は曲者/色は思案の外

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「恋は思案の外」の例文

【日本語】「恋は思案の外と言うが、彼のしていることには全く理解ができない」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました