ことわざ/後塵を拝する(こうじんをはいする)とは?

「後塵を拝する」意味と読み方

【表記】後塵を拝する
【読み】こうじんをはいする
【ローマ字】KOUJINNWOHAISURU

【意味】
他人に先んじられる。身分の高い人や勢力のある人に媚びへつらう。人につき従う。人を仰ぎみる。

説明

「後塵」は、人や馬車が通り過ぎた後に立つ土ぼこりのことで、車馬が通り過ぎた後に土誇りを浴びて見送る意味から、人に先を越されて遅れをとることをいう。また、すぐれた権力者に追従すること、人にこびへつらうことのたとえとしてもいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】「後塵」は車馬が通り過ぎたあとの土ぼこりのことで、それを浴びて見送るという意味。

【出典元】「晋書」
【語源・由来】車や馬が通り過ぎたあとに、土ぼこりを浴びるということから。

「後塵を拝する」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
「黄塵を拝する」と書くのは誤り。

「後塵を拝する」の例文

【日本語】「先生の後塵を拝して、最高学府にも合格した」
【英語】
It is subordinate.

タイトルとURLをコピーしました