ことわざ/奥歯に衣着せる(おくばにきぬきせる)とは?

スポンサーリンク

「奥歯に衣着せる」意味と読み方

【表記】奥歯に衣着せる
【読み】おくばにきぬきせる
【ローマ字】OKUBANIKINUKISERU

【意味】
はっきり言わずに、意味ありげな言い方をするたとえ。
スポンサーリンク

説明

思っていることをはっきり言わずに、遠回しに思わせぶりな言い方をするというたとえ。 事ありげに物を言うこと。「衣(きぬ)」は、着物や衣服という意味。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「衣」は、着物・衣類のこと。奥歯に衣をかぶせたり、何かが詰まったりすれば、発音が不明瞭になることから、物事をはっきり言わずに何か隠しているような言い方をすること。

【出典元】-
【語源・由来】奥歯に衣をかぶせると、発音が不明瞭になることから由来。

「奥歯に衣着せる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

奥歯に衣を着せる(おくばにきぬをきせる)

【類義語】

奥歯に物が絡まる/奥歯に物が挟まる

【対義語】

歯に衣着せぬ

【注意】
「衣」を「ころも」と読むのは誤り。「歯に衣着せる」は誤り。
スポンサーリンク

「奥歯に衣着せる」の例文

【日本語】「思い返してみると、あのとき彼女は何か不満でもあるかのように、奥歯に衣着せた物言いだった」
【英語】
It beats about bush without coming to the point.It says indirectly/

タイトルとURLをコピーしました