ことわざ/苛政は虎よりも猛し(かせいはとらよりもたけし)とは?

スポンサーリンク

「苛政は虎よりも猛し」意味と読み方

【表記】苛政は虎よりも猛し
【読み】かせいはとらよりもたけし
【ローマ字】KASEIHATORAYORIMOTAKESHI

【意味】
悪政が人民に与える害は、虎よりも恐ろしいということ。
スポンサーリンク

説明

民衆を苦しめる政治は、性質が荒く乱暴な虎よりも恐ろしいという意味。孔子が泰山のふもとを歩いていると、一人の婦人が墓の下で泣いており、そのわけを聞くと婦人は「夫と子供と舅が虎に食い殺されたからです。」と答えた。孔子が「それならば、何故この地から出て行かないのか」と尋ねると、婦人は「ここでは税金を取り立てるむごい政治が行われていないからです。」と言ったという故事に基づく。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「苛政」とは、重税・弾圧などが厳しい政治のこと。酷政。

【出典元】「礼記」
【語源・由来】原文。「孔子過泰山側。 有婦人哭於墓者而哀。 夫子式而聽之、 使子路問之曰、 子之哭也、壹似重有憂者。 而曰、然。 昔者吾舅死於虎、 吾夫又死焉、今吾子又死焉。 夫子曰、何爲不去也。曰、無苛政。 夫子曰、小子識之、 苛政猛於虎也。」『礼記』より。

「苛政は虎よりも猛し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「苛政は虎よりも猛し」の例文

【日本語】「苛政は虎よりも猛しというから、この国からは出て行こう」
【英語】
By misgovernment, people are in pain.

タイトルとURLをコピーしました