ことわざ/鬼の首を取ったよう(おにのくびをとったよう)とは?

スポンサーリンク

「鬼の首を取ったよう」意味と読み方

【表記】鬼の首を取ったよう
【読み】おにのくびをとったよう
【ローマ字】ONINOKUBIWOTOTTAYOU

【意味】
大手柄を立てたかのように得意になる様子。
スポンサーリンク

説明

鬼の首を討ち取ったわけでもないのに、すばらしい手柄でも立てたかのように得意になっているさまを、あざけっていう言葉。周りの人はそれほどとは思っていないのに、本人だけが得意になっている場合に使うことが多い。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】鬼の首を討ち取ったわけでもないのに、すばらしい手柄でも立てたかのように得意になっているさまを、あざけっていう言葉。

【出典元】-
【語源・由来】鬼を退治して首を取るのは大きな手柄だが、討ち取ったわけではないのに本人だけが得意になって喜んでいることをからかっていること。

「鬼の首を取ったよう」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「鬼の首を取ったよう」の例文

【日本語】「初戦に勝っただけで、鬼の首を取ったような大騒ぎをしていた」
【英語】
As proud as Punch./It is big pride.

タイトルとURLをコピーしました