ことわざ/お茶を濁す(おちゃをにごす)とは?

「お茶を濁す」意味と読み方

【表記】お茶を濁す
【読み】おちゃをにごす
【ローマ字】OCHAWONIGOSU

【意味】
いい加減なことを言ったりして、その場をごまかすこと。

説明

茶の湯の作法を知らない者が、抹茶を適当にかき回し、それらしくお茶を濁らせてその場をごまかすことから出た言葉といわれる。

詳細

注釈、由来

【注釈】「濁す」は「曖昧にする」という意味。

【出典元】-
【語源・由来】抹茶を適当にかきまぜて濁らせ、その場を程よく繕ったということから。

「お茶を濁す」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「お茶を濁す」の例文

【日本語】「話の途中で急用ができただなんて言って、それでお茶を濁すつもりかい」
【英語】
To make shift for the moment.

タイトルとURLをコピーしました