ことわざ/楽あれば苦あり(らくあればくあり)とは?

「楽あれば苦あり」意味と読み方

【表記】楽あれば苦あり
【読み】らくあればくあり
【ローマ字】RAKUAREBAKUARI

【意味】
人生はいつも楽しいことばかりではなく苦しいこともある、逆に苦しいことばかりではなく楽しいこともあるという意味。

説明

楽しいことは永遠に続かず、苦しことも来るという意味。楽しいことの後には必ず苦労が訪れる。良いことばかりは続かない、楽も苦も対になる存在だということ。また、怠けた生活をしていれば後で必ず苦労することになるという戒め。 逆に苦労をしておけば、後で楽ができるという意味も含む。勉学や仕事に勤しむという意味でも用いられる。

詳細

注釈、由来

【注釈】「楽」と「苦」対になるもので、常に回るように巡ることから。

【出典元】「江戸いろはかるた」
【語源・由来】「江戸いろはかるた」の一つ。

「楽あれば苦あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

苦あれば楽あり、楽あれば苦あり(くあればらくありらくあればくあり)

【類義語】

悲しみと喜びとは交互に相次ぐ/すべてのメダルには裏がある/上り坂あれば下り坂あり/苦あれば楽あり/楽する悪かろう苦をするよかろう/苦楽は相伴う/いい後は悪い/楽しみは苦しみの種/苦楽は生涯の道づれ/浮世の苦楽は壁一重/禍福は糾える縄の如し/楽は苦の種、苦は楽の種

【対義語】

【注意】
「楽すれば苦あり」というのは誤り。

「楽あれば苦あり」の例文

【日本語】「そんなに高級ブランド品ばかり買いあさっていて大丈夫なの?人生は楽あれば苦ありで、いつまでも良い状態が続くわけじゃないのよ」
【英語】
He that will have the pleasure must endure the pain.

タイトルとURLをコピーしました