ことわざ/阿鼻叫喚(あびきょうかん)とは?

「阿鼻叫喚」意味と読み方

【表記】阿鼻叫喚
【読み】あびきょうかん
【ローマ字】ABIKYOUKANN

【意味】
最も恐ろしい状態を地獄にたとえた言葉。

説明

「阿鼻」とは、仏教で説く八大地獄の中でも最悪な苦しみを味わう地獄のこと。元はサンスクリット語の「avici」からで、「無間」という意味。父母を殺すなどの最大の罪を犯した者が落ち、身を焼かれ絶え間なく苦しみを受ける。「叫喚」とは、泣き叫ぶこと。阿鼻地獄に落ちた者が、わめき泣き叫ぶさまから。

詳細

注釈、由来

【注釈】「阿鼻」とは、最も恐ろしい地獄の呼び名だが、元の語源のサンスクリット語「avici」では無間(途切れることがない。)という意味。無限ではない。「叫喚」とは、泣き叫ぶこと。

【出典元】-
【語源・由来】-

「阿鼻叫喚」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
「阿鼻狂喚」と書くのは誤り。

「阿鼻叫喚」の例文

【日本語】「町中は一瞬にして阿鼻叫喚の巷と化した」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました