ことわざ/鞍上人なく、鞍下馬なし(あんじょうひとなく、あんかうまなし)とは?

「鞍上人なく、鞍下馬なし」意味と読み方

【表記】鞍上人なく、鞍下馬なし
【読み】あんじょうひとなく、あんかうまなし
【ローマ字】ANNJOUHITONAKU,ANNKAUMANASHI

【意味】
騎手が巧みに馬を乗り回すことで、乗り手と馬が一体となって見えるさま。

説明

巧みに馬を乗り回し、乗り手と馬とが一体になっているさま。人と馬の呼吸が合い、鞍の上の人と、鞍の下の馬が一体となって見えることから。

詳細

注釈、由来

【注釈】「鞍」とは、牛などの背に固定して、人や物を乗せるための道具。

【出典元】-
【語源・由来】-

「鞍上人なく、鞍下馬なし」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「鞍上人なく、鞍下馬なし」の例文

【日本語】「鞍上人なく鞍下馬なしで、見事な連携だった」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました