ことわざ/あちらを立てればこちらが立たず(あちらをたてればこちらがたたず)とは?

「あちらを立てればこちらが立たず」意味と読み方

【表記】あちらを立てればこちらが立たず
【読み】あちらをたてればこちらがたたず
【ローマ字】ACHIRAWOTATEREBAKOCHIRAGATATAZU

【意味】
片方の立場を守れば、もう片方の立場が無くなって困るという意味。

説明

片方の面目が保たれるようにすると、もう片方の面目が保たれず、その逆もまた然り。双方の体面が傷つかないようなことをするのは困難なことであるという意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】「立てれば」と「立たず」は立場を保つことで、対立する関係の立場を守る難しさをいう。

【出典元】-
【語源・由来】-

「あちらを立てればこちらが立たず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

あちら立てればこちらが立たぬ(あちらがたてればこちらがたたぬ)/あちらを立てればこちらが立たぬ、双方立てれば身が立たぬ(あちらをたてればこちらがたたぬ、そうほうたてればみがたたぬ)

【類義語】

痛し痒し/頭押さえりゃ尻上がる/両方立てれば身が立たぬ/出船に良い風は入船に悪い/彼方に良ければ此方の怨み/彼方を祝えば此方の怨み/右を踏めば左があがる

【対義語】

【注意】

「あちらを立てればこちらが立たず」の例文

【日本語】「嫁と姑の間に挟まれたが、あちらを立てればこちらが立たずで、両方から責められてもううんざりだ」
【英語】
It is hard to please all parties./It’s hard to please everybody.

タイトルとURLをコピーしました