ことわざ/足下から鳥が立つ(あしもとからとりがたつ)とは?

スポンサーリンク

「足下から鳥が立つ」意味と読み方

【表記】足下から鳥が立つ
【読み】あしもとからとりがたつ
【ローマ字】ASHIMOTOKARATORIGATATSU

【意味】
意外な事が突然身近な所で起こるたとえ。
スポンサーリンク

説明

身近なところで、突然思いもかけないことが起きることのたとえ。また、急に思い立って物事を始めるようす。鳥は巣の中にいるとき、人が近づいてもなかなか飛び立たないものだが、近くまで寄っていくと踏みつぶされると思い、急に飛び立つ。その羽音に人間のほうが驚いてしまうことから。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「足下」は「足元」「足許」とも書く。

【出典元】『上方いろはかるた』
【語源・由来】-

「足下から鳥が立つ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

足下から鳥が飛び立つ(あしもとからとりがとびたつ)

【類義語】

足元から鳥/青天の霹靂/寝耳に水/足元から竜が上がる/藪から棒/足下から雉が立つ/足元から雉が立つ/足下から煙が出る/寝耳に擂粉木/窓から槍

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「足下から鳥が立つ」の例文

【日本語】「もうマイホームまで建ててしまったのに、ここにきて急に札幌に転勤させられることになった。足下から鳥が立つとはこのことだよ」
【英語】
Many things happen unlooked for.

タイトルとURLをコピーしました