ことわざ/蟻の思いも天に届く(ありのおもいもてんにとどく)とは?

「蟻の思いも天に届く」意味と読み方

【表記】蟻の思いも天に届く
【読み】ありのおもいもてんにとどく
【ローマ字】ARINOOMOIMOTENNNITODOKU

【意味】
弱小な者でも懸命に努力すれば、希望を叶えることができるというたとえ。

説明

地をはって歩く蟻のような小さな虫でも、一心に努力すれば、その願いは天にまで達するという意味から。地面をはって歩く体の小さな蟻でも精一杯努力をすれば、天にいる神にも非力な蟻の願いが届くということから転じてきている。

詳細

注釈、由来

【注釈】「蟻の思い」とは、小さな立場の者が描く希望のこと。

【出典元】-
【語源・由来】地面をはって歩く体の小さな蟻でも精一杯努力をすれば、天にいる神にも非力な蟻の願いが届くということから転じてきている。

「蟻の思いも天に届く」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

蟻の思いも天に昇る(ありのおもいもてんにのぼる)/蟻の吐く息も天に届く(ありのはくいきもてんにとどく)

【類義語】

一念天に通ず/点滴石を穿つ/為せば成る、為さねば成らぬ何事も/精神一到何事か成らざらん/一念岩をも通す/雨垂れ石を穿つ/志ある者は事ついに成る/思う念力岩をも通す/石に立つ矢/蚤の息さえ天に昇る

【対義語】

【注意】

「蟻の思いも天に届く」の例文

【日本語】「小さな少年が、おおげさだと大人に笑われた夢を叶えた。蟻の思いも天に届くということだ」
【英語】
Even the prayers of the lowly are heard in Heaven.

タイトルとURLをコピーしました