ことわざ/諦めは心の養生(あきらめはこころのようじょう)とは?

「諦めは心の養生」意味と読み方

【表記】諦めは心の養生
【読み】あきらめはこころのようじょう
【ローマ字】AKIRAMEHAKOKORONOYOUJOU

【意味】
失敗や災難をいつまでもくよくよと考えず、思い切って諦めることが健康にもよいという意味。

説明

過去の失敗や不運にとらわれていつまでも悔やんでいても、心の健康を害する意味。失敗や不運をくよくよ考えるより、きっぱり諦めたほうが精神的に良いということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「養生」とは、体をいたわり、健康を増進させるという意味。または、建築物などが破損しないように、あらかじめ補強する意味でも使われる。本ことわざでは、前者の意味。

【出典元】-
【語源・由来】諦めへと導いている。

「諦めは心の養生」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「諦めは心の養生」の例文

【日本語】「反省はそのくらいにして、次に進もう。諦めは心の養生だ」
【英語】
For a lost thing care not.

タイトルとURLをコピーしました