ことわざ/頭の上の蠅を追え(あたまのうえのはえをおえ)とは?

「頭の上の蠅を追え」意味と読み方

【表記】頭の上の蠅を追え
【読み】あたまのうえのはえをおえ
【ローマ字】ATAMANOUENOHAEWOOE

【意味】
人のことより、まず自分自身の始末をせよ。

説明

自分の頭の上にたかる蠅さえ、ろくに追い払うことが出来ないのに、他人の頭の上の蠅を追い払おうとするなという意味から。おせっかいな者へ軽蔑の気持ちを込めていったことば。人の世話を焼くよりも、まずは自分のことをやれという教え。

詳細

注釈、由来

【注釈】自分の頭の上にたかる蠅さえ、ろくに追い払うことが出来ないのに、他人の頭の上の蠅を追い払おうとするなという意味から。おせっかいな者へ軽蔑の気持ちを込めていったことば。

【出典元】-
【語源・由来】人のところを飛んでいるはえの心配をする前に、自分の頭の上を飛んでいるはえを追い払いなさいということから。

「頭の上の蠅を追え」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

我が頭の蝿を追え(わがあたまのはえをおえ)

【類義語】

己の頭の蠅を追え/我が頭の蠅を追え/自分の頭の蠅を追え/人の事より我が事/めいめい自分の洟をかめ/人の蠅を追うより自分の頭の蠅を追え/人の蠅を追うより我が頭の蠅を追え/人の事より足下の豆を拾え/我が身の蠅を追え/我が蜂払え

【対義語】

【注意】

「頭の上の蠅を追え」の例文

【日本語】「君は四六時中友達の心配ばかりしているが、まずは頭の上の蠅を追え」
【英語】
Let every man skin his own skunk./Sweap before your own door.

タイトルとURLをコピーしました