ことわざ/尾生の信(びせいのしん)とは?

スポンサーリンク

「尾生の信」意味と読み方

【表記】尾生の信
【読み】びせいのしん
【ローマ字】BISEINOSHINN

【意味】
かたく約束を守ること。また、馬鹿正直で、融通のきかないこと。
スポンサーリンク

説明

固く約束を守ることのたとえ。また、生真面目で融通がきかないたとえ。良い意味でも悪い意味でも用いることわざ。春秋時代、魯の国の尾生という男が、一人の女性と橋の下で会う約束を交わしたが相手はなかなか現れなかった。そのうちに大雨で川が増水してきたが、尾生はその場を立ち去ろうとせず、橋げたにしがみついて女性を待ち続け、ついに水死してしまったという故事から。「史記」「荘子」より。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「尾生」は昔中国にいた男の名前。「信」は信じる心。

【出典元】「史記」 「荘子」
【語源・由来】中国の春秋時代のころ、魯の国の尾生という男が女性と橋の下で会う約束をしたが、女性は来なかった。そのうちに大雨で川が増水したが、尾生は約束を守って待ち続け、橋脚を抱いて溺死したという。(「史記」「荘子」より。)

「尾生の信」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「尾生の信」の例文

【日本語】「尾生の信もほどほどにしないと馬鹿を見るぞ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました