ことわざ/棒ほど願って針ほど叶う(ぼうほどねがってはりほどかなう)とは?

「棒ほど願って針ほど叶う」意味と読み方

【表記】棒ほど願って針ほど叶う
【読み】ぼうほどねがってはりほどかなう
【ローマ字】BOUHODONEGATTEHARIHODOKANAU

【意味】
望みや願いが、なかなか実現しないという意味。

説明

棒ほど太くて大きな望みを持っていても、実際は針ほどの細く小さな願いしか叶えられない意味から。望みは大きくても、実際には少ししか叶わないということのたとえ。 世の中は思い通りにはいかないということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「棒」は、大きなもののたとえで、「針」は小さなもののたとえ。

【出典元】-
【語源・由来】棒ほどに大きく願ったとしても、実際に叶うのは針ほどの小さい願いしか叶わないということ。

「棒ほど願って針ほど叶う」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

富士の山ほど願って擂り鉢ほど叶う/富士の山ほど願って蟻塚ほど叶う/富士の山ほど願うて蟻塚ほど叶う

【対義語】

【注意】
「針小棒大」と混同して、ちょっとしたことを大げさに言うの意味で使うのは誤り。誤用例 「棒ほど願って針ほど叶うで、彼女はいつでも事を大きくするような発言ばかりする」

「棒ほど願って針ほど叶う」の例文

【日本語】「棒ほど願って針ほど叶うというから、この程度の利益でも満足しておこう」
【英語】
Ask much to have a little./A man must ask excessively to get a little.

タイトルとURLをコピーしました