ことわざ/忙中閑あり(ぼうちゅうかんあり)とは?

「忙中閑あり」意味と読み方

【表記】忙中閑あり
【読み】ぼうちゅうかんあり
【ローマ字】BOUCHUUKANNARI

【意味】
どんなに忙しい最中でも、わずかな暇はあるものだということ。

説明

忙しい中にも、少しのひまや、ちょっと休憩できる時間はあるということ。 「忙中自ずから閑あり(ぼうちゅうおのずからかんあり)」ともいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】「忙中」は、忙しいさなか。「閑」は、暇の意味。「忙中自ずから閑あり」ともいう。

【出典元】-
【語源・由来】「忙中(ぼうちゅう)」とは、とても忙しい最中のこと。 「閑(かん)」とは、ひまなこと。

「忙中閑あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

忙裡閑を偸む/忙裏閑を偸む

【対義語】

【注意】

「忙中閑あり」の例文

【日本語】-
【英語】
I am never less leisured than when at leisure, nor less alone than when alone.

タイトルとURLをコピーしました