ことわざ/花に嵐(はなにあらし)とは?

「花に嵐」意味と読み方

【表記】花に嵐
【読み】はなにあらし
【ローマ字】HANANIARASHI

【意味】
物事には、とかく邪魔が入りやすいという意味。

説明

きれいに咲いた桜の花が、嵐で散ってしまうという意から、よいことには邪魔が入って、うまくいかないのが人生だということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】好事を「花」に見立て、「嵐」はそれを散らして吹く激しい風の意。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「花に嵐」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

花に風(はなにかぜ)

【類義語】

寸善尺魔/好事魔多し/花発いて風雨多し/花には嵐の障りあり/月に叢雲、花に風/月に叢雲花に風

【対義語】

【注意】

「花に嵐」の例文

【日本語】「花に嵐というが、準備万端整っていざ開始しようと張り切っているときに、ここまで多くのトラブルに見舞われるとは……」
【英語】
Roses have thorns./Good luck comes by cuffing.

タイトルとURLをコピーしました