ことわざ/掃き溜めに鶴(はきだめにつる)とは?

「掃き溜めに鶴」意味と読み方

【表記】掃き溜めに鶴
【読み】はきだめにつる
【ローマ字】HAKIDAMENITSURU

【意味】
つまらない所に、似つかわしくないすぐれたものや美しいものがいること。

説明

汚いごみ捨て場に、ひときわ美しい鶴が舞い降りたことから。色々な種類のものが寄せ集められているところ。つまらない所に、そこに似つかわしくないような優れたものがあることのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「掃き溜め」=ごみをまとめて置く所。ごみため。

【出典元】-
【語源・由来】むさくるしいごみ捨て場に、鶴が舞い降りるという意味が由来。 掃き溜めはごみ捨て場、鶴は優れたものという意味。

「掃き溜めに鶴」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

鶏群の一鶴/芥溜めに鶴/天水桶に竜/砂に黄金泥に蓮/藪に黄金/紅一点/堆肥の中の宝石/砂の中の黄金/塵塚に鶴/珠玉の瓦礫に在るが如し/万緑叢中紅一点/砂の底から玉が出る/鶴立鶏群

【対義語】

鳳は藪の中にはいない/千石見晴らしの田でないと鶴は下りぬ

【注意】

「掃き溜めに鶴」の例文

【日本語】「むさくるしい男性ばかりの中で、まさに彼女は掃き溜めに鶴のような存在だった」
【英語】
A jewel in a dunghill.

タイトルとURLをコピーしました