ことわざ/腹八分目に医者いらず(はらはちぶんめにいしゃいらず)とは?

「腹八分目に医者いらず」意味と読み方

【表記】腹八分目に医者いらず
【読み】はらはちぶんめにいしゃいらず
【ローマ字】HARAHACHIBUNNMENIISHAIRAZU

【意味】
八分目ぐらいにしておくことが健康の秘訣であるという意味。

説明

お腹いっぱいまで食べるよりも、腹八分目程度に抑えて食べるほうが体には良い。 暴飲暴食を戒めていうことわざ。 満腹ではなく腹八分目くらいにすれば、健康でいられるということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】お腹いっぱいまで食べるよりも、腹八分目程度に抑えて食べるほうが体には良い。 暴飲暴食を戒めていうことわざ。 「腹八分に医者いらず」「腹八合には医者いらず」ともいう。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「腹八分目に医者いらず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

腹八分に医者いらず(はらはちぶにいしゃいらず)/腹八合には医者いらず(はらはちごうにはいしゃいらず)

【類義語】

食い過ぎ飲み過ぎは病のもと/腹も身の内/大食短命/小食は長生きのしるし/腹八分に病なし/腹八分目卑しからず/節制は最良の薬

【対義語】

【注意】

「腹八分目に医者いらず」の例文

【日本語】「あまりにも美味しくて食べ過ぎてしまったが、いつも後悔することになる。腹八分目に医者いらずともいうし、少し自制しなければ」
【英語】
Feed by measure and defy the physician./Much meat, much disease./Measure is medicine.

タイトルとURLをコピーしました