ことわざ/人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む(ひとさけをのむ、さけさけをのむ、さけひとをのむ)とは?

スポンサーリンク

「人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む」意味と読み方

【表記】人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む
【読み】ひとさけをのむ、さけさけをのむ、さけひとをのむ
【ローマ字】HITOSAKEWONOMU,SAKESAKEWONOMU,SAKEHITOWONOMU

【意味】
酒の飲みすぎを戒めることば。
スポンサーリンク

説明

飲酒は、少量のときは自制できるが、杯を重ねるごとに乱れ、最後には正気を失ってしまうということ。酒はほどほどに飲めという戒め。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】酒を飲むとき、はじめは量を加減して楽しく飲むものだが、次第に酔った勢いで惰性で飲むようになり、しまいには人が酒に飲まれてしまい、正気を失ってしまうものであるということ。

【出典元】-
【語源・由来】最初は酒を味わいながら飲んでいるが、そのうちに飲むために飲むような状態になり、最後は酔っ払って乱れてしまうといった飲酒の三段階を表現したもの。

「人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲む(いっぱいはひとさけをのむ、にはいはさけさけをのむ、さんばいはさけひとをのむ)

【類義語】

一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲む/一盃は人酒を飲み、二盃は酒酒を飲み、三盃は酒人を飲む

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む」の例文

【日本語】「人酒を飲む酒酒を飲む酒人を飲むだ。ほどほどにしないと身を滅ぼすよ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました