ことわざ/命長ければ恥多し(いのちながければはじおおし)とは?

「命長ければ恥多し」意味と読み方

【表記】命長ければ恥多し
【読み】いのちながければはじおおし
【ローマ字】INOCHINAGAKEREBAHAJIOOSHI

【意味】
長生きすると、それだけ恥をさらすことも多いという意味。

説明

長く生きていれば、それだけ恥をかく事も多くなるということ。「長生きは恥多し」ともいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】「命長ければ」とは、人生そのもののこと。「恥多し」は、困りごとが尽きないこと。

【出典元】「荘子」
【語源・由来】『荘子』に「男子多ければ則ち懼れ多し。富めば則ち事多し。寿ければ辱め多し(男の子が多ければ心配事が多い。金持ちになれば面倒事が多い。長生きすれば恥をかくことが多い)」とあるのに基づく。

「命長ければ恥多し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

長生きは恥多し/生き恥かくより死ぬがまし

【対義語】

命長ければ巡り逢う/命長ければ蓬莱を見る/命長ければ蓬莱に会う

【注意】

「命長ければ恥多し」の例文

【日本語】「あの年齢まで現役を続けることは大変なことだろうが、戦績は散々だ。命長ければ恥多しだね」
【英語】
Long life has long misery.

タイトルとURLをコピーしました