ことわざ/犬に論語(いぬにろんご)とは?

スポンサーリンク

「犬に論語」意味と読み方

【表記】犬に論語
【読み】いぬにろんご
【ローマ字】INUNIRONNGO

【意味】
犬に論語を説明しても理解できないように、いくら道理を説いて聞かせても無駄なこと。
スポンサーリンク

説明

犬に論語を説いても、少しもわからないことから。どんなに良い教えであっても、わからない者にはあらがたみがわからないから無駄だということ。道理の通じない相手には何を説いても無駄ということのたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】犬に論語を説いても、少しもわからないことから。どんなに良い教えであっても、わからない者にはあらがたみがわからないから無駄だということ。

【出典元】-
【語源・由来】犬に「論語」というありがたい教えを聞かせても、通じないことが由来。

「犬に論語」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

兎に祭文/牛に経文/犬に小判/犬に念仏猫に経/馬の耳に念仏/豚に真珠/馬の耳に風/馬に経文/牛に麝香/豚に念仏猫に経/牛に向こうて経を説く/猫に小判/馬の目に銭/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず/馬耳東風/蛙の面に水/猫に石仏/猫に胡桃をあずける

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「犬に論語」の例文

【日本語】「偏った考えしか持たない彼に、何を言っても犬に論語というものだ」
【英語】
Casting pearls before swine./It is unsuitable./A dog does not nderstand.

タイトルとURLをコピーしました