ことわざ/以心伝心(いしんでんしん)とは?

「以心伝心」意味と読み方

【表記】以心伝心
【読み】いしんでんしん
【ローマ字】ISHINNDENNSHINN

【意味】
文字や言葉を使わなくても、お互いの心と心で通じ合うこと。

説明

もとは仏教用語。特に仏教の宗派の一つである禅宗で、言葉や文字では表せない奥深い仏教の真髄を、師から弟子の心へ伝えることをいった。今でも文字や言葉だけでは伝えられないという意味で使われる。

詳細

注釈、由来

【注釈】以心伝心とは、「心を以て心に伝う」ということで、言葉や文字で伝えることが難しくても伝えるという仏教用語。

【出典元】「景徳伝灯録」
【語源・由来】『景徳伝灯録』に「仏の滅する後、法を迦葉に対し、心を以て心に伝う」とある。

「以心伝心」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

心を以て心に伝う/不立文字/拈華微笑

【対義語】

【注意】
「意心伝心」や「以心電信」と書くのは誤り。

「以心伝心」の例文

【日本語】「彼とは幼少時代からの付き合いで、以心伝心の仲だ」
【英語】
That which comes from the heart will go to the heart.

タイトルとURLをコピーしました