ことわざ/夕立は馬の背を分ける(ゆうだちはうまのせをわける)とは?

「夕立は馬の背を分ける」意味と読み方

【表記】夕立は馬の背を分ける
【読み】ゆうだちはうまのせをわける
【ローマ字】YUUDACHIHAUMANOSEWOWAKERU

【意味】
夕立は、馬の背の片側を濡らしても、反対側は濡らさないことがあるように、局地的な降り方をするという意味。

説明

夕立は、馬の背の片側を濡らしても、もう一方の側は濡らさなかったりすることがあるように、局地的な降り方をすることから。馬の背の片側だけを濡らすのは誇張が過ぎるとして、「山の尾根」を「馬の背」といったことから転じたとする説もある。ある場所では夕立が降っているのに、ごく近い場所では晴れているという事。また夕立の降る範囲のきわめて狭いという事。

詳細

注釈、由来

【注釈】夕立が局地的な降り方をするというたとえ。

【出典元】『鷹筑波集』
【語源・由来】夕立は時折、馬の背の片側を濡らしても、もう一方の側は濡らさなかったりすることがあるように、局地的な降り方をする事から。

「夕立は馬の背を分ける」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

馬の背を分ける(うまのせをわける)

【類義語】

馬の背を越す/夏の雨は牛の背を分ける/夏雨牛背を分く/夏の雨は馬の背を分ける

【対義語】

【注意】

「夕立は馬の背を分ける」の例文

【日本語】「夕立は馬の背を分けるというが、300メートルほど歩いたところでは道路が全く濡れていなかった」
【英語】
The shower, separate horseback./A summer rainstorm drenches on side of the street, leaving the other side dry./A summer evening shower drenches one side of the street, leaving the other side dry.

タイトルとURLをコピーしました